2007年05月17日

美容のための美しい暮らし方

美容と暮し】美容のための美しい暮らし方  

    熱過ぎるお湯はカサカサ肌に

熱いお湯での長湯は、うるおいを保っている皮膚の表面の皮脂を必要以上に流し出してしまうため、どうしてもかさついてしまい、カサカサ肌の原因になります。

42℃以上の熱いお湯は、お肌のためには避けた方が無難です。理想としては38℃〜39℃のぬるめの湯が良いと云われます。

最初はぬる〜く感じるかもしれませんが、ぬるめのお湯でゆっくり半身浴をするのが、健康的にも美肌効果などの美容の面においてもメリットが多いとされています。

           【美容と暮し 美容のための美しい暮らし方】
posted by 亀有 美容室 at 05:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。